それらの悩み、解決の鍵はあなたの「呼吸」にあるかもしれません

メルマガ登録はこちらから
メールアドレス(必須)
support@zenkokyu.comからのメールが受信できるように設定した後にメールアドレスを入力して下さい。ご登録されたアドレスへ案内メールをお送り致します。

こんにちは、椎名由紀です。
江戸時代から続く日本の伝統文化である禅の健康法、「ZEN呼吸法」を伝える
呼吸アドバイザーをしています。

椎名由紀

1975年生まれ、呼吸アドバイザー。
体内対話株式会社代表。早稲田大学第一文学部哲学科卒業。第40代ミス東京第1位。高校時代より続いた15年の長きにわたる心身の不調を呼吸法ですべて克服、書画でも名高い江戸中期の禅僧「白隠」を、命を救ってくれた恩師と仰ぐ。
椎名由紀写真
白隠の遺した「夜船閑話(ヤセンカンナ)」と自身の経験から、エビデンスを踏まえ「ZEN呼吸法」としてメソッド化。
一般向けのレッスン他、企業・団体からの講演、講座も多数行う。ラジオパーソナリティとして培ってきたユーモアトークで、講座はいつも笑いで溢れている。
ZEN呼吸法原宿studioを中心に、京都の禅寺(大本山妙心寺寿聖院)、定期的に名古屋、大阪(朝型美人塾主催)、その他福岡、札幌などでも講座を開催、「ZEN呼吸法」の普及に命を懸けて努めている。
書籍の紹介
「呼吸美メソッド」
「呼吸美メソッド」
呼吸ひとつで「怒り」「イライラ」がすっと消える本
呼吸ひとつで「怒り」「イライラ」がすっと消える本
心がすっと軽くなる、魔法のZEN呼吸法 ~イライラが消え、一瞬で感情を整理できる
心がすっと軽くなる、魔法のZEN呼吸法 ~イライラが消え、一瞬で感情を整理できる
「若返り美人呼吸」
「若返り美人呼吸」

あなたも、かつての私と同じように・・・
頭痛、肩こり、便秘、冷え、低体温、低血圧、めまい、だるさ、関節痛、慢性疲労、
免疫力の低下、身体のしびれ、気分の落ち込み、イライラ、ネガティブ思考・・・などなど、

こんな慢性的な不調に悩まされてはいませんか?

このような症状で苦しくて、つらくて、病院に行っても、まともな処置もしてもらえず、「原因不明、異常なし」と言われるばかり。
病名もつかず薬も出されずにそのまま帰され、途方に暮れるだけ・・・。
それでもつらいのでマッサージや鍼に通って一瞬楽になる・・・そんなこんなで時間もお金もどんどん無くなっていく・・・。
体質、遺伝、歳のせいかな、なんて諦め半分でその苦しさを受け入れる努力をしようとする・・・。

もし、あなたが、これらの苦しい現実から本気で逃れたいのであれば・・・そして、ほんの少しの努力をする余力があるのであれば・・・このままこのお話を読み進めてください。

あなたは「深呼吸」の本当の意味を理解していますか?

突然ですが・・・今、深呼吸をしてみてください。
(あなたが行っている、いつもの深呼吸で結構です。)

・・・深呼吸、しっかりできましたか?


さて、ここであなたに質問です。
深呼吸をしたとき、あなたは最初に息を吸いましたか?吐きましたか?

察するところ、ほとんどの方が最初に息を吸われたと思います。

深呼吸と言われれば、ほとんどの方が最初に息を吸います。
あなただけではないので安心してくださいね。

・・・しかし、「深呼吸」です。
深呼吸の漢字をひも解いてみましょう。

深く、呼(呼気~吐いてから)吸う、が正解!
つまり、まず「吐く」が先なのです。

ZEN呼吸で最も大事なのが、この「息を吐く」ことです。
現代人は、吸うことから始める深呼吸と同じように、「摂る(体内に入れる)」ことばかりに
目を向けます・・・サプリや健康食品などを気にする人が増えました。

しかし大切なのは、不要になった要らないものをまず「出す(体外へ排出する)」ことだと
ZEN呼吸法は考えています。
そうすれば、良いものが入ってくるスペースができるのです。

私、そしてこれまで多くの方が経験している・・・
ZEN呼吸法であなたの人生を変えませんか?

ZEN呼吸法とは、
坐禅の時に行う「三調(サンチョウ)」を基本とし、正しい姿勢で呼吸をゆっくり深くおこなうことで、
知らず知らずのうちに凝り固まった身体と心を、呼吸を使ってゆるめていく江戸時代から続く秘法です。

三調とは、

・調身(チョウシン)・・・正しい姿勢をとること
・調息(チョウソク)・・・吐く息がメインの腹式の呼吸のこと
・調心(チョウシン)・・・心を落ち着かせること

をいいます。
実は姿勢と呼吸を調えると自ずと心が落ち着いてくるので、三調と言えども実践するのは二調です。

まず、吐いて、吸う。緊張を解き、ゆるめる呼吸をおこなう・・・単純で簡単なことですが、
頑張りすぎる日本人にとってはなかなか難しいのが現状です。

あなたも毎日毎日、ヨシっと力を入れて「がんばろう」と力んでいませんか?・・・
頑張るときは身体に力が入り交感神経が優位になります。
筋肉が硬くなるため血流が悪くなり冷えて、内臓の活動は低下してしまいます。

その頑張り時間が一日中続くとどうなるでしょうか?・・・想像できますよね?
冒頭でお伝えした、あなたを悩ますいろいろな症状が現れてくるのです。

頑張るのは良くないと言っているのではありません。・・・
頑張った後は、その逆の「ゆるめる」ということが必要なのです。

その「ゆるめる」ために最も有効な機能が、私たちが生まれてから
今まで休むことなくし続けている「呼吸」なのです。

老廃物や毒素などが詰まった風通しの悪い滞った体内を、
細く長く吐く腹式呼吸で横隔膜を使って大きく動かしていきます。
ZEN呼吸法は内臓マッサージ、内臓脂肪を流す、代謝や巡りを良くし血行もよくしていく、
そんな魔法の呼吸法なのです。

このZEN呼吸法を実践している生徒さんたちは、
以下の様な効果を実感しています。

便秘の解消
コリがなくなる(肩こり・首こり・腰痛がつらくなくなる)
頭痛がなくなる
血圧がちょうどよい数値になる
免疫力が高まる
イライラをすっと消せる
病気知らずになる
集中力が上がる
過敏性腸症候群を克服
花粉症が消える
月経血コントロールが簡単にできる
いい人になる
自分の身体に、呼吸していることに感謝できるようになる
痩せる(食べても太らない)
肌が美しくなる、くすみが消える
体温が上がる
リラックス上手になる
子どもにキレないですむ
仕事がはかどる
パニック障害を克服
起立性調節障害を克服
むくまなくなる
毎日がありがたくなる

ZEN呼吸法、そして、健康の本質についての
メールマガジンを配信しています

「生きる」の語源は「いきする」だと言われています。
その生きている証、生命力そのものである呼吸、今、あなたはどんな呼吸をしていますか?
肩が動く、浅くて早い呼吸をしていませんか?

自分の心と書く「息」をおだやかに調えたときに、あなたの本来持っている素晴らしく高い、
潜在的な心身の能力が目覚めてきます。

本来人間は健康で元気でいられるよう、呼吸という機能で自律神経を活性化する能力が備わっているのです。
ZEN呼吸法を実践すれば元気になることは実証済みです。
やらなければそのまま不調が続くどころか、年齢とともにどんどん不調に拍車がかかります。

さて、これからあなたはどう生きていきたいですか?
何はさておき、まずは「悪いもの」を身体から追い出す必要がありますよね?

ZEN呼吸法の詳しいお話、そして、健康であるとはどうあるべきか?
などの本質的な健康についてのお話をメールマガジンを通してお送りしています。
この無料のメールマガジンは下記フォームから登録が可能です。

今すぐ、メールアドレスを入力し、メールマガジンに登録してください。

メールアドレス(必須)

support@zenkokyu.comからのメールが受信できるように設定した後にメールアドレスを入力して下さい。
ご登録されたアドレスへ案内メールをお送り致します。

ZEN呼吸法を体験した方々からのお便り

正直、呼吸だけでこんなに変化があるとは
思っていなかったのでとても驚いています。
T.Sさん 女性

ZEN呼吸法に出会ってから、私の心と体は大きく変化していると感じています。
そして、椎名先生や、ZEN呼吸法に出会えたことにとても感謝しています。

高校時代からのひどい肩こりや頭痛、さらに、25年位前からは、寝込むほどのひどい腰が続いていて、生理痛、低血圧、不眠症、慢性胃炎、めまい、冷え性、便秘、アレルギー、慢性疲労、いらいら、気分の落ち込み、ケガによるむち打ち症、虚弱体質など、いつも体がだるく疲れていて、痛みのある生活が当たり前のようになっていました。
病院へ行って検査をしても、原因がわからず、気休めに薬を渡されたり、「一生付き合っていくしかないんじゃないですか。」などと言われてきました。
体調が悪いため、自分のやりたいことが出来なかったり、大事なチャンスを逃してしまったり‥と悔しい思いを何度もしてきました。
何とか治したくて、気功、ヒーリング、カイロ、針、マッサージ、サプリメント、特殊なストレッチ、歯科治療など思いつくことはほとんどやってみましたが、どれも一時的に少し良くなっても、すぐに元に戻ることの繰り返しで、かなりの費用がかかるものばかりでした。
「これだけやったのだから、もう他には思いつかない。だめかもしれない‥。」と諦めかけていた頃、偶然、本屋さんで何げなく手にした雑誌(クロワッサン)でZEN呼吸法のことを知りました。読んでいると、とても心が惹かれ、すぐにでも始めてみたい気持ちになりました。

体験レッスンに初めて参加した時は、椎名先生の、元気で美しい雰囲気にとても憧れて、「あんな風になれたら、どんなにいいだろうなぁ‥」と強く感じました。
そして、体験レッスンの帰り道は体も心もいつもより軽くなっているのを感じ、その日は良く眠れたのがとても不思議に感じました。
その後、レギュラーレッスンに参加させていただきましたが、回を重ねるごとに、体や心の状態がどんどん良い方に変化して「たった呼吸だけで、こんなに変化があるなんて‥」と自分でもとても驚いています。

レッスンで特に新鮮に感じたのは、自分の体の正しい名称や位置その働きなどを知り、いたわり、感謝することの大切さを知ったことです。
冷静に考えてみると、私は今まで、自分の体を恨んだことはあっても、感謝したり、いたわったことはなかったと思います。さらに、正しい位置やその働きさえ正しく理解していませんでした。人体の図鑑を購入して読んでみると、その働きのすばらしさ、神秘さを改めて感じ、毎日私のためにこんなにがんばってくれていたんだぁ‥と自分の体をとても愛おしく感じました。そして、「私は、今まで必死になってたくさんの事をやってきたけれど、呼吸や体への感謝という一番大切で、一番基本的なことが欠けていたことに気づきました。」

ZEN呼吸法を始めて、約三ヶ月がすぎようとしていますが、自分でも驚くほどの効果を感じています。特に何もしなくてもいつも疲れて、だるかった体が忙しく動いた日でも疲れにくくなったり、お通じやお肌の状態が良くなったり、夜も寝られるようになってきたり、頭痛がしなくなってきたり、腰の痛みがほどんど出なくなってきたり、そして、何よりも気分の落ち込みや、いらいらがなくなり、精神状態が穏やかで明るくなって来た事をすごく実感しています。正直、呼吸だけでこんなに変化があるとは思っていなかったのでとても驚いています。
レッスンに参加できて、椎名先生に大切な事をたくさん教えていただいて、本当に良かったです。これからも、Zen呼吸法を続けて心と体がもっと健康になり、自分らしく、本当に幸せに生きられるようになりたいと思っています。
ありがとうございました☆ こらからも、よろしくお願い致します。
肌の調子がよくなり、お腹周りが少しずつ
すっきりしてきた!
S.Yさん 女性
私がZEN呼吸法を知ったのは雑誌の「クロワッサン」を読んだことがきっかけでした。また、椎名先生の本を拝読し、きちんと呼吸をすることによって得られたという効果に「本当かなぁ」という疑いもあり、自分も体験してみたいという気持ちが芽生えました。
年齢を重ねることにより増えていく不調を仕方がないことだと諦めていました。特に20代後半になり、肩こり、偏頭痛、便秘、生理痛、冷え性、むくみ、疲労回復の低下、体重の増加、瘀血(血のめぐりが悪く、盲腸のあたりが痛む症状)等が身体に表れてきました。嫌いだった病院に通うようにもなり、薬も飲み始め、不調が続くと気持ちも落ち込んだりイライラしたりすることが多くなっていました。自分自身を見つめなおすためにも、まずは3カ月取り組んでいこうと決心しました。

ZEN呼吸法を始めてからまず初めに感じた効果は肌の調子がよくなり、メイクののりも良くなったことです。両頬と額には白ニキビが長い間居座り、洗顔方法や基礎化粧品にも気をつける等、様々なことをやってきましたが全く消える様子がありませんでした。しかし、ある日気付いた時にはきれいになくなっていました。更に嬉しいことにほうれい線も薄くなっていました。
次に得られた効果はお腹周りが少しずつすっきりしてきたことです。急激に体重が増加してしまい、以前着ていたお気に入りの服も着られなくなり、本当に情けない気持ちでいっぱいでした。

「クロワッサン」に呼吸法を始める前は現在よりも体重があったと椎名先生の体験談が書かれてあったこともあり、自分も痩せられるかもしれないという希望がありました。呼吸をしている時、手放したいものに脂肪を吐き出すイメージで実践しました。体重の変化はそれほどありませんでしたが、ウエストにはくびれが出てきました。理想の体型にはまだ程遠いため、これからも続けて、呼吸で痩せることを自分自身で証明したいと強く思いました。

次に、体温が高くなったことです。何気なく体温を計った時、37.0℃と表示され、目を疑いました。体温計が壊れているかもしれないと思い、再度計りましたが、36.9℃との表示。以前の体温の平均は35.5℃程であり、36℃代になると完全に調子が悪くなっている状態でした。しかし、その時は体調も良好であったため、体温が高くなったのだと嬉しくなりました。

3か月を過ぎるころには、便秘も徐々に解消されつつあり、瘀血の症状もなくなりました。生理痛はほとんどなくなり、まだまだ完璧とは言えませんが経血コントロールもできるようになりました。それによって生理の日も短くなり、生理の日が嫌ではなくなりました。紙ナプキンではなく布ナプキンに替え、身体を大切にしようと思うになったのも、このレッスンで教えてもらえたからです。何の疑問も持たずに使用していた紙ナプキンですが、実は子宮の病気を引き起こす要因になっているかもしれないと聞いた時には、もっと早くに知っておきたかったと心から思いました。

この3カ月は私の人生にとってとても大切な3カ月でした。社員の声を全く聞かず、独裁社長だった私ですが、少しずつ社員の声を聞き、労いの声をかけられるようになりました。これから先、自分の身体を大切にし、楽しい人生を送っていけるようにZEN呼吸法を続けていきます。
頭痛が軽くなり、カラダの冷えが大幅に緩和
H.Oさん 47歳 女性
「ハイライト」というわりと強めなタバコを(妊娠中も)一日に1箱以上喫煙するヘビースモーカーの母親から、予定日を数日過ぎて仮死状態(へその緒を首に巻いて窒息状態)で誕生。体重約2,200g 身長はたしか40cmくらい。
誕生後はとにかく体力がなく、母乳を吸う力さえなかったとのことで挽回できず、標準より小柄なままの虚弱体質な幼少時代を過ごす。大病はしないものの、食が細く、風邪をひきやすく、耳鼻科と皮膚科のお世話になることが多かった。その割に毎日外で遊ぶ、どちらかというと活動的な子供だった。年子の妹とともにあまりのカラダの弱さに手を焼いた母親が5歳の時から水泳教室に行かせたことで少しずつ人並みの健康状態に近づく。

子供の頃からひどい頭痛もちで、胃腸は弱く下しやすい傾向、腸内にガスがよくたまって苦しむことも多かった。さらに不整脈、皮膚疾患、扁桃腺肥大(のどが腫れやすく、声が出なくなることもたまにあった)、不調かなり多し。家庭環境その他が原因で、14歳の時に十二指腸潰瘍を患う(投薬治療で半年で完治)。
高卒(18歳)で銀行に就職。仕事が楽しくて、寝込むほどの不調からは遠ざかるが、甲状腺疾患の橋本病を知らずに患っており(30歳の時に会社の健康診断で発覚)、年に1~2回は原因不明の不調で突然動けなくなって2日間ほど寝込むことが常だった。
婦人科系も弱く、30代半ばまでは月経不順。20代後半で子宮内膜症(軽度)を患い、子宮頸がんにもなりかけた。

20代後半から様々な健康改善の試みを始める。(食生活の見直し、整体、他)外出時の鼻呼吸&外出後のうがいの実践の成果で30代からは感染性の疾患(風邪やインフルエンザ)にほとんどかからなくなる。
健康改善の試みが功を奏して比較的良好な健康状態を達成するが、頭痛や首&肩こり、冷え、胃腸の弱さは解消できず。
頑張り過ぎで20代終わりに頸椎の椎間板突出(1回のみ)、30代半ばから数年おきに3回ほどギックリ腰。ギックリ腰は1回目の辛さが教訓となって(まる3日間動けず)あとの2回は軽度で済んだ。
2011年の震災以降、仕事や家族その他の過度のストレスから極度の体力の減退を感じるようになる。

ZEN呼吸法との出逢い
有給休暇で自宅での副業の翻訳作業中に気分転換でネットサーフィンをしていた時にmsnのニュース記事(生活覧)でZEN呼吸法と出逢う。(2012年12月5日)
呼吸法は様々なものを見聞きして試してきたが、このZEN呼吸法はただものではないと直観し、すぐに椎名由紀先生のHPを閲覧、確信を得てその日から始める。
この時期は派遣仕事の契約満了を控えており残務整理等で余裕のない多忙状態だったため、合間を縫って著書「呼吸美メソッド」「呼吸ひとつで・・・」を入手、目を通しながら少しずつ実践を始める。
2012年末にフルタイムの仕事が一段落した後、独学で習得するべく毎朝15分ずつ本格的に実践開始。

レギュラーレッスン受講
当初は独学で習得する予定だったが、やはりきちんと出来ているのか不安があったことと、正確に習得したいという思いから、レギュラーレッスンを受講することに。

ZEN呼吸法を実践した結果
レギュラーレッスン受講前の独学時の変化

Before (昨年12月時点)
☆ 慢性疲労(朝起きられない、夜は会社からの帰宅後疲れきって動けなくなる)
☆ 首や背中が詰まりやすい
☆ 頭痛(月に2度かそれ以上)
☆ 鼻炎傾向
☆ PMS、月経不順(周期が長くなってきた:28 ~30日周期 →2~3ヶ月)
☆ 下半身が冷えやすい
☆ 睡眠が長時間必要
☆ 足がよくつる
☆ お腹を下す傾向

After
☆ 朝の起床時と夜の極度の疲労感が軽減
☆ カラダの冷えが大幅に緩和
☆ 夜も活動することができるようになった
☆ 首や背中の詰まり、頭痛の度合いが軽くなり、詰まる頻度や強さが減った
☆ 鼻をかむ量が格段に減った → 鼻がスッキリして呼吸しやすいことが多くなった
☆ 日中だるくなったり眠くなることが減った
☆ 胃腸の調子がさらに良くなった
☆ カラダの内側がさらに軽くスッキリと感じるようになった
☆ 久しぶりに逢う人に、顔色や肌つやがよくなり、元気そうになったとよく言われる

レギュラーレッスン受講中&受講後の変化
☆ 以前よりも呼吸を長く、そして楽にできるようになった(12秒くらい→ 20秒ちょっと)
☆ 月経の周期が戻りつつある(30~40日くらい)PMSもやや緩和
☆ 気持ちが焦ることが少なくなった
☆ 内的葛藤がさらに減った
☆ 足がつることがほとんどなくなった
☆ 気圧等の変化にカラダが振り回されることが少し減ったような気がする

レギュラーレッスンを終えて
最高に楽しく有意義な3ヶ月間でした!
由紀先生から直接指導を受けることが出来て、本当に良かったです。
由紀先生の楽しくて真っ直ぐで素敵なお人柄、楽しく学ぼうという姿勢、そうした場に集まってくる人々との出逢い。全てがとても貴重でした。本だけでは受け取れないZEN呼吸法の詳細なプロセスやカラダの仕組みや機能を知ることができたことも大切な経験でした。
この3ヶ月間を通して、自分自身の変化のみならず、他の仲間の変化を目の当りにすることも楽しみであり、励みや刺激になる貴重な経験でした。

呼吸法は巷にたくさん溢れかえっていますが、ここまで早くきちんと体を整えることのできるZEN呼吸法は本当に素晴らしいと思います。もっともっと多くの人がZEN呼吸法を始めることを願います。
由紀先生がおっしゃっていたように、レギュラーレッスン8回を終えたところがスタート地点。
コツコツと積み上げることが大好きなので、引続き毎日続けてカラダの変化を楽しんでいこうと思います。

今後も時折レッスンに参加してチェックをしていただいて、ZEN呼吸法を深めていきます。
引続き、どうぞよろしくお願い致します。

心からの感謝をこめて
肩と首の凝りがかなり改善され、お通じも良好、
夜もすぐに眠れるように!
S.Oさん
今まで私は胸式呼吸で過ごすのが当たり前でしたが、ZEN呼吸法に出会ってからは腹式呼吸の自己治癒力効果を体で感じ、目から鱗の連続でした!!!
それは一番最初のクラスでそう感じました。
まず最初に感じたのは、肩と首の凝りがかなり改善されたことです。常に感じている首周りの硬さがとれたのです。いつもなかなかとれないのに・・・あれにはビックリしました(笑)!そして次は毎日の大きなお便りが更に大量に・・・あれにもビックリしました(笑)!

今までも大きなお便りは毎日2回は必ず来ますが、ZEN呼吸をするようになってからは食事を・・・いや、何か食べるたびに必ず訪れてきます。おかげさまですぐにお腹が減ってしまいます(笑)
寝つきがあまり良くない時もZEN呼吸をしてます。以前よりもすぐに眠ることが出来るようになりました。暴飲暴食も改善されてきました!すごい!
実は、生理の時もコントロール出来るようにタンポンを控えるようにしました。こちらはまだまだ時間がかかりそうですが、続けていきます。

私はピラティスインストラクター、ダンスのインストラクターとして、本当に素敵な呼吸法に出会ってよかったな~・・・と、椎名先生に大感謝しております!
ピラティスでは必ず胸式呼吸を教えられます。ダンスでも自然とそうなりがちです。
しかし私の場合はZEN呼吸法だけでなく、ピラティスやダンスで使っていく胸式呼吸も必要だと思ってます。
今回の素敵な出会いをきっかけに、今後はZEN呼吸法で使う腹式呼吸もまずは私の生徒さんに伝えていきたいと思います。
いや、必ず伝えていきます!

今後も毎日必ず続けて、まずは自分自身でもっともっと心身の喜びを感じ、更に周りの人達にもその影響を振り撒けるように楽しみながら過ごしていきたいと思います。
まずは自分自身から!!!
椎名先生、本当にありがとうございました!!!感謝!!!またお会いしたいです~
原因不明の不調、自律神経失調症を克服!
疲れやすかったのに持久力がついて疲れにくくなりました
Y.Tさん 女性
レギュラーレッスンに参加して本当に良かったです。ありがとうございました。
色々と病院に行き自分の不調の原因を知って治したいと思いましたが、“異常は特にない”とか“気のせい”などということで全く解らず、もう不調と付き合いながら生きていくしかないのかと思っていました。30歳を過ぎたら色々と体に不調が出る年齢なのかと諦めていました。

打ち上げで不調の原因をお話しましたが、31歳の春、当時は急がし過ぎて、明日の段取りを布団の中で考えてシュミレーションしないと予定通りに出来ないと思い込み(明日の仕事はこれとこれを時間通りに終わらせなきゃとか保育園の提出物や持たせるものを用意しなくちゃ…とか)そうしている内にシュミレーションしてから早く寝なくちゃと思っても4時を過ぎても寝られなくなりました。明日は寝られるだろうと毎日思っても1ヶ月ぐらい同じ状況で、毎日2時間しか寝られなくなり段々他にも不調が出てくるようになりました。
今度は背中が漬物石を何個も背負っているように重くなってなかなか起き上がれなくなり、そのうち背中も痛くなって、重さと痛さで仕事を朝の定時で行けなくなりました。
有給を1時間ごとに取れる会社だったので毎日1時間休や午前半休を取るようになり、ますます仕事が終わらなくなるので、職場にいる時は120%や140%くらいで仕事を片付ける日々が続きました。
そして土日の休みは布団から起きられない・土曜日は息子のピアノ教室で、家から歩いて5分のところなのにそこに行くのも辛い・けど行かなきゃと化粧もせずに取りあえず連れていく…という今から考えてもとても不健康な生活でした。

すると最終的には今まで出来ていたことが解らなくなるということが出てきました。書類を見ても“これを見たら何をするんだっけ?”と一瞬考えてしまうことが増え、最終的には書類を見ても何をしたらいいか解らなくなって、そういう自分がショックで、とうとう会社で泣いてしまいました。
それで休職と非常勤の精神科の先生の病院に通院するよう勧められました。病院では先生が話を聞いてくれて薬を出すだけでした。顔見知りということもあり、普通の人より話を聞いてくれたのではないかとは思います。
「今の状態で人生の重大な決断はしない方がいい」と退職したいと言っても止められ、自律神経失調症と診断され3ヶ月の休職の診断書をもらい、それから1ヶ月に1回病院に通い1ヶ月分の薬をもらうようになりました。

今思い出すと、睡眠薬と沈んだ気持ちを上げるような薬だったと思います。薬を飲んだら、今度は逆に異常なくらい動けるようになり、朝早く起きて家事をどんどんこなし、薬を飲んで良くなったんだと思っていました。でも背中の痛みはあり、色々とマッサージに行ってみるようになりました。マッサージに行くとその日は痛みがなくなるのですが、次の日か2日後にはまた痛くなるので、治るなら何でもやってみようと、良いマッサージ屋さんを探すため色々通うようになりました。
あまりに背中が重いし痛いので整形外科にも行ってみましたが、特に異常はないと湿布を出されて終わりました。薬を飲み続けているうち体が浮腫むようになり怖くなったのですが、知っている先生だし、ちゃんと薬を飲んでから診断してもらわないと…と思い、無理して3ヶ月間飲み続けました。3ヶ月後、先生から復帰の許可が出て職場に戻りました。薬もまた処方されましたが、もう怖いので飲むのを止めました。

1年後の同じ時期に、また同じ症状プラス妊娠していないのに3ヶ月くらい生理がないという症状が出ました。また同じなので会社に迷惑をかけるし、もう退職したいと言ったのですが、今度は女性特有の何かの病気なのかもしれないと女性外来のある病院を勧められました。そこで血液検査をしたところ、妊娠していないのに女性ホルモンが妊娠の時のように上がっているので、もしかしたら脳幹の近くに腫瘍があるのかもしれないとMRIの検査をしたのですが異常はありませんでした。
やっぱり自律神経失調症と判断され3ヶ月の休職を勧められ診断書をもらいました。今回は睡眠薬ではなくカテキンのサプリメント(お茶のカテキンが精神を安定させて余分な力が抜けるので、結果眠れるとのこと)とツムラの漢方でした。思い出しましたが抑肝散という薬でした。
飲み続けたところ症状が改善され背中の重みも少なくなり(たまに痛みはありましたが)職場復帰しました。復帰後、入所者さんの薬をたまたま見た時、自分と同じ薬を飲んでいてショックを受けました。

ネットで調べたら認知症の人に良いと言われている漢方だったことがわかり、自分は認知症の人と同じ薬を飲んでいるんだと落ち込みましたが、今度の薬が自分に合っているから良くなったんだと思い、出された薬を飲み続けていました。
ですが、その後また浮腫むようになりました。先生に相談すると今度は一緒に浮腫みを取る漢方も出され、これで浮腫みが取れると思っていたのですがなかなか改善されませんでした。その後、妹に飲むのを止められ、飲むのを止めました。

結局職場復帰しても、ちょっとしたことで背中の重みや痛みがあるので休みの日はマッサージ通いをしていました。それで、また1年ほどたった頃、仕事の状況は変わらないし妊娠して一度職場をリセットして復帰後は異動してもらおうと思っていたら流産してしまい、結果的にはそれで退職できました。
流産のショックで落ち込みが酷く、また自律神経失調症になるかもと思い、何かいい方法はないかとネットを見ていたら家の近くの鍼灸院のホームページで自律神経失調症も良くなると書かれていたので行ってみました。すると自分では全然気付いていなかったのですが、体が冷えているとのことでした。
体が浮腫んでいるということは水が溜まっているから体が冷え、特に下半身が冷えているので流産したかもしれない、体が冷えているから体調も良くなかったのではとのことでした。
それで週に1回体を温めるお灸をしてもらうようになり、自分でも人生で初めて意識をして体を温めることをするようになり、この3年ほぼ毎日背中の重みと痛みがあったのですが無くなったので、東洋医学が自分には合っているんだと思いました。でもメンテナンスでこれからも1回5,000円を続けるのはお金がかかると考えてしまい、行くのを止めてしまいました。

その後は無理をすると背中に重みと痛みが出てくるようになりましたが、“無理をすると”なので、これはこういう自分の体質なんだと思うようになっていました。
それから、今度は生理のたびに生理痛が酷くなりました。歩けないほど痛くなる日があり、今の会社に入社して1年くらいは2・3ヶ月に1回腹痛で休んでいました。
総合病院に行ってみましたが、エコーで見ても子宮に異常はないので気のせいと言われてしまい、診てくれた先生は男性だったので“男性に何が解るんだ。婦人科の男性の先生は信用しない!”と心の中で思い、怒って帰ってきたこともありました。たぶん流産の時、稽留流産の内部除去手術で子宮にエコーでは見えないような傷をつけられたか何かして腹痛が酷いのでは、と自分では考えていました。
1年過ぎた頃からそんなに酷い腹痛はなくなったので自然治癒で子宮が良くなってきたのかと思っていました。しかし、今度は生理の時の経血の量が酷くなり、必ず2日目は夜用ナプキン4・5枚必要でした。仕事などでトイレに行けない時があると漏れないか心配でした。
実際、外には出ませんでしたが中で漏れるということもあり、2日目はちょうど休日に当たらないかなと、いつも祈っていました。これも手術の後遺症で、流産したんだから体が変わってしまったんだ、仕方がないと諦めて一生付き合うつもりでいました。

そのまま去年の11月まで過ごしていましたが、ドゥミルネサンスのイベントでZEN呼吸法を体験し、変わることが出来ました。
イベントの時に先生の昔の不調のお話を聞き、でも目の前にいる先生はとても元気で“私と同じような症状でも健康になることが出来るんだ。
これはやってみる価値があるかも”と興味を持ち、その場で本2冊を購入しました。“呼吸ひとつで「怒り」「イライラ」がすっと消える本”を読んでみると、同じような症状が書いてあったり、不調でイライラしたり、とにかく治ればとマッサージに通うなど何でもしたくなる気持ちも「わかるわかる」と思いながら読んでいました。
それが全て呼吸で良くなるなら…と、それから毎朝仕事に行く直前にイベントで習ったように“呼吸美メソッド”の付属CDの1番目をやるようになりました。
すると次の生理の時に、今まで2日目に大量に出ていた経血が普通の量よりも少なくなり、漏れの心配をせず終わることが出来ました。“先生が生理の時トイレで出すことが出来ると言っていて半信半疑だったけど、このまま続ければ本当に出来るかもしれない”と、仙骨を立てることで体の変化を感じることが出来ました。

“イベントでは普通のレッスンの触りの部分くらいしか出来なかったと先生が言っていたからバターのこととかしっかり最後までレッスンを受けてみたい”と思い、レギュラーレッスンに応募しました。
受けるのを楽しみにしていた2月の頭に、原因不明の高熱(38.5度~40度)が4日間続きました。病院に行っても、「インフルエンザじゃないし、カゼでもないし、ウイルスが原因でもないから抗生剤を飲んでも変わらない。原因が解らないから休んでいるしかない。」と言われました。
しっかりCDで呼吸をやっているつもりで体も徐々に変化してきていると思っていたのに、こんな原因不明の病気になるなんて私のやり方が悪かったのかと落ち込んでしまい、体もなかなか本調子に戻らなかったので、それからレッスンが始まるまでZEN呼吸が出来ませんでした。(後から、ひろこさんにそれは好転反応だと教えてもらいました。)

レッスンを始めてから、まず、朝ZEN呼吸をやるのは起きてすぐが良いと聞き、起きてすぐやるようにしたところ、朝の出発までの時間に10分くらい余裕ができました。
お便りは今まで2日に1回くらいだったのが、どんな形であれ毎日出るようになりました。そして気がつくと、疲れやすかったのに持久力がついた感じで疲れにくくなりました。自分でもビックリしたのですが、今までは仕事から帰ってきてご飯を作って息子をお風呂に入れて寝せるのでいっぱいだったのが、食後に洗い物をしてシンク回りをきれいにして洗濯まで出来るようになりました。段取り良くできるのがうれしくて、“でもこういうのは他の人にとっては普通なんだな。
自分は今までこれも出来なくて辛いと思っていたんだ。損してたんだな”と、あらためて思いました。少しですが体型も変わってきました。ほぼ毎週行っていたマッサージも気がつくと最近行っていません。

今、私は税理士法人で税理士補助をしているのですが、実は2月に会社の男性1人がうつ病で休職しました。
まだ復帰していません。2月からは確定申告でとても忙しいのですが、急に1人いない状態で会社はてんてこまいでした。私もその人の仕事部分の手伝いを今もしています。確定申告が終わってすぐ今度は事務所の移転が4月にあり、5月は決算申告で忙しいという状況でした。

会社の危機でもあるので私も少し残業をしていました。たぶん不調だったころの体だったら、また土日寝ている状況だったと思います。
それがZEN呼吸法で、疲れたら呼吸を気にして何とか忙しい時期を仕事も休むことなく乗り越えることが出来ました。

少人数制で先生に顔と名前を覚えてもらい、目を配っていただき、クラスの皆さんとも励まし合いながら出来たのも良かったです。他の方が会うたびに変化しているのを見ると、私も頑張ろうとやる気が出ました。

今回レポートを書くにあたり、先生が、不調が良くなると不調の時のことを忘れているから、まずは思い出す作業からとおっしゃっていました。たしかに、最近は体調が良くなってきて、他の方が痩せてきたのに自分はそこまで目に見えて体型が変わっていないのに焦ってダイエット目的に変わってきていました。書いている間に反省し、まだ体型というよりは不調がもっと良くなってから初めて体型も変わるのではないかと思い直しました。

本当にこのレッスンに参加して良かったです。病院で色々と原因不明と言われてきたことも自律神経失調症も良くなりました。あんなに“またなるのでは”と不安だった「自律神経失調症」には、たぶんもうならないと思います。自分の体で体験したので、これから一生ZEN呼吸法をやり続けると思います。

これからも先生のブログを拝見し、原宿スタジオでのイベントにもなるべく参加して、その度にZEN呼吸法について向き直し、自分に甘くなっていたらあらためていこうと思っています。今年の福島の田植えは息子の運動会で行けませんでしたが、来年は是非参加したいと思います。
ありがとうございました。
ZEN呼吸法はわたしに大きな変化をもたらしました
A.Fさん 女性
初回から由紀先生に「はい、スーパー胸式呼吸です」と言われました‘あのころは苦しかったヨ’のFです。
自覚ありました。思いっきり胸式呼吸。息が吸えない。苦しい。吸いたいけど入ってこない。吸ってばかり。吐けない。いつも肩に力が入っている。肩だけでない、呼吸のたびに首筋に力が入っている。
痛いしつらい。どうしていいかわからない。そして苦しい。一時はひどい喘息だと思い、病院へ行こうと思ったくらいでした。

生きている間、毎秒行う呼吸なのに、それがつらいって考えると余計苦しくなるので考えないように目を向けないようにしていたわたしでした。気にすると余計に呼吸が苦しくなるという顛末。だったら自律神経に任せておけばいいやという投げやり的態度。意識していなければある程度ふつうに呼吸していますからね。こうやって生きているわけですし。でもこれでは社員である身体が怒りますよね・・。

人と話すとき、とくにそれが緊張する相手だったり、大人数の前で話をしなくてはいけない時にまた呼吸困難です。そして思い出す。あぁわたしはうまく息ができていないんだった、と
ほんとうに苦しいんです。そういう場面では息を吐くことを完膚なきまでに忘れており、吸ってばかりで最後は苦しくなってしまう。顔は赤くなり、長く話せてもだいたい3分が限度。当たり前ですよね。呼吸できてないですから。海に潜ってしゃべっているわけですから。

3分に近づくと「ピコーンピコーンピコーン」と胸の赤いランプが点灯です。
もう星へ帰らないといけない時間です。

なので話を早々に切り上げようとする自分がいます。
注目を自分から外したいのです。脇汗だって尋常ではないです。
もう腕はあげられません。話し終わった後も1時間くらいはその苦しいような、息が上がった状態が続き、うまくしゃべれなかった自分を思い出しさらに自己嫌悪。
自分でもおかしいと思うし、まだ話すことがあったのに道半ばで座礁。話している間はだんだん酸欠になってくるから、頭が働かず、支離滅裂な話し方だったと思います。
こんな調子ですから、ほんとうに人前で話すことをなるべく避けていたし、避けられない状況になると自分の出番が近づくとドッキンドッキンドッキンチョと緊張マックス。そしてそれが余計に呼吸を乱し、悪循環の回転車に乗ってしまいます。

ZEN呼吸法のレッスンに出るようになってもすぐには変化はありませんでした。
居残り練習を命ぜられたこともありました。
そんなある日、わが子(第三子・2才)のおなかをたまたま見ていたんです。遊んでいるわが子のハラが、うまい具合に膨らんだりへこんだりしています。「おぉ!これが腹式呼吸か。わが子はなにも考えてないだろうがものすごくうまい腹式呼吸じゃ!」と感動し、わが子を「こころの師匠」と呼びはじめました。その後ことあるごとに師匠のおなかを観察させていただきました。「師匠すげー」というくらい、彼女はこともなげに腹式呼吸をいつもしていました。

そんな観察の日々から見えてきたことは、『無理して吸い込まない。楽な気持ちでやってみる』ということでした。わたしは「息をしよう!!」とあまりに前のめりでいるために、吸うことばかりに執着し自ら必要量以上を吸い込んでいたと気がつきました。
「これってわたしの生き方にも通じるところがある」と気がついたとき愕然としました。
「もっともっと。メニーメニー。モアーモアー。あたしに空気をちょうだい。」と言っているよくばりさんであることに気がつきました。

それからというもの、吸う方でなく吐くことに、吐ききることを意識して呼吸してみました。
そのあとのレッスンに行ったとき、「どうした?!腹式呼吸できているよ。なにがあったの?!」と由紀先生に驚かれるほど、急にできるようになったんです。
それでもまだまだ普段の生活では胸式呼吸になってしまい、まだまだこれから日々鍛錬あるのみなのですが、想像以上に日常がとても楽になりました。

そしてあるできごとが起こりました。
とあるところで講師を頼まれたんです。25名程度の前で1日かけてやる講座です。実習などもあるのでずっと一方的にしゃべりっぱなしではないのですが、1時間はみっちりと座学があり、そこではわたし一人がしゃべり続けなくてはならない。
「うーんどうしたものか。3分が限度の宇宙からやって来ているわれわれにとっては、1時間なんてのは何億光年も離れた世界じゃ。途中でワシ死んじゃうかもしれない。」とも思いましたが、この講師というオファーはまたとないチャンス。ぜひやってみたい。それに、呼吸法をはじめたから、少しはましにできるのではないかという自信もありました。

そして自宅でだれもいないときに、こっそりと呼吸法を取り混ぜた講義の練習をしたりして、(ほらスティーブ・ジョブズはものすごく綿密にスピーチのリハーサルをやったというではないですか。あのスティーブさえ練習したんだからわたしもするよね。だれもいない自宅でやっているんですからこっそりやる必要もないんですけどね)、当日を迎えました。

緊張はありましたが、一度腹からしっかり声を出して話し始めたら、あっという間に1時間の講義は終了。
拍手喝采です。(自分で言うか)途中で少し苦しいなと思ったときは即ZEN呼吸法を思い出し腹式呼吸をしました。脇汗も半分くらいだったと思います。(まだ出てます、ハイ)
この経験はわたしに大きな変化をもたらしました。人前で話すことに怖さが少なくなっている。
この先、わたしが伝えたいことをちゃんと伝えていけるかもしれない。汗じみを気にしないでいられるかもしれない。
そう思ったらほんとうに目の前が明るくなりました。

まだまだこれから日々鍛錬ですが、確実に一息が長くなっているのを感じています。毎朝ベランダで朝陽に向かってZEN呼吸しています。
いまわたしは産後ドゥーラという仕事をしています。(産後の女性宅にて料理・掃除・洗濯をしたり赤ちゃんの沐浴、育児相談、ママの話し相手など)そんな産後女性の身体の回復、産後の不安定な気分のときにこのZEN呼吸はものすごくよいと思っています。
いずれそれを伝える活動ができたらいいなと思っています。
由紀先生、せつきさん、よしこちゃん。
ほんとうにお世話になりました。
ありがとうございました。

ZEN呼吸によってわたし、生まれかわれそうな気がしています。
過呼吸は出なくなり、不定期に出る腹痛が徐々に改善
M.Oさん 女性
とっても楽しいレッスンをありがとうございました。
椎名先生のお話、世の中に対する考え方素晴らしいと思いました。
また、毎回笑いが絶えないレッスンは初めてで、元気を沢山分けていただき、いつもレッスンの時、椎名先生の前に陣取って、先生のパワーを密かに吸い取っていました。
優しいミッチーさんを始め、アシスタントの皆様、仲間にも恵まれ、禅呼吸法で元気を取り戻し、この三ヶ月間とても充実した日々を送る事ができた事に感謝です。

さて、禅呼吸法を始めてからの私、最初の二ヶ月は悪戦苦闘でした。と言うのも、脊柱側彎症と言う背骨が前後左右に曲がってねじれている症状があったので、正しい姿勢を保つのに一苦労でした。何が正しい姿勢なのかがわからない。過呼吸も時々あったので、間違った姿勢で禅呼吸をするとかえって過呼吸がひどくなる始末でした。でも10数年抱えている過呼吸を何とか治したい一心で毎朝、鏡の前で姿勢の癖をチェックし、うまく息を吸って吐ける姿勢をいろいろ試しました。

最後の方のレッスン中、椎名先生が両手で私の下の肋骨を背後から上に上げ、更に固定して下さった時にこれだ!と思いました。
呼吸をするのが楽になった瞬間でした。嬉しくて泣きそうでした。左右のバランスばかり考えていましたが、私にとって大事な事は、肋骨と骨盤の間を上下に伸ばす事、これが私にとって欠けていた禅呼吸の基本の姿勢でした。
それからは、過呼吸は出なくなり、ここ4,5年で10キロ増えた体重は2キロ減り、今まで苦しかった不定期に出る腹痛が徐々に改善されてきました。呼吸でこんなにも変わるのかと正直、驚きました。

安定した呼吸にするためにはまだまだ練習が必要ですが、これからもっと元気になる為に毎日呼吸法を続け、周りで体調不良に苦しんでいる人がいたら、椎名先生のZEN呼吸法の存在を伝えたいと思います。
本当にZEN呼吸法に出会えて良かった!
便秘が改善、昨年中私を襲った不正出血が
なくなってきました!
T.Tさん 女性
■きっかけ
昨年、『禅 シンプル生活のすすめ』 (著者 曹洞宗徳雄山建功寺 枡野俊明住職)を拝読し禅の思想に興味を持ったこと
ZEN呼吸法レギュラーレッスンに通い始めてから気付きましたが、その本には
・坐禅の基本は「調身・調息・調心」の三つであるということ
・「呼吸」という言葉は、息を吸う(吸)より 吐く(呼)という字が先にきていること
・丹田に意識を集中させてとにかくゆっくりと長く細く息を吐く。
丹田呼吸を意識すると、すっと気持ちが落ちつき、心が洗われるのを実感するでしょうと書かれています!!一緒ですね!
    
ちなみに好きな言葉 「日々是好日」
―嬉しいことがあった日も嫌なことがあった日も、それは二度と繰り返す事のない大切な一日
その日を「好日」にするのは起こる出来事でも出会う誰かでもない、自分自身の心であるということ   

■不調と背景
よく働きよく遊び、長い間不規則な生活(睡眠・食事)を送っているものの、病気も・風邪もひかず、元気と健康が取り柄☆と自負してましたが、気がつけば・・・・不妊orz(結婚して12年目ですw)
34歳~不妊治療で人工授精を続けました。治療開始から2年が経ち、健康な身体に対して、自然に反する治療をしていく事、正しい行いなのか?本当に成功するのか?と、体外受精に踏み切れずにいた時に、職場仲間の右腕担当(?)が妊娠したことも重なり、治療を中止しました。
今年になって、職場仲間も育児休暇から職場復帰が決まり、40間際になった私は「本当にこのまま子供のいない人生で良いのか?」と考え、再び不妊治療の情報を集め、病院と名医を選定し、体外受精に挑む準備をはじめました。しかし前述の不安は残ったままでした。
                     
そんな時、主人から由紀先生の存在、そしてZEN呼吸法レギュラーレッスン27回生スタートを知らされ、受講の勧めがあったのです。
たまたま主人の仕事の関係で、 4月から週末一人の時間ができるので、その時間を自分を高める何かに使いたい。と思っていた時でした。
ここ一年仕事がハードで不規則な生活が悪化していたので体にガタがきていたし元々身体も固いし、普段からの姿勢も悪く、胸式→腹式呼吸に変えたいし、・・・月経が不規則なくらいで、排卵・子宮・卵巣・卵管も健康そのものなので不妊の原因は自分に潜む精神面が根源であるはずだから、最後にZEN呼吸法で、心身共に内面から改善し、整えたい。(理由欄には重くて書けませんでしたが)
と、いうことで 即決で申し込みいたしました。

■ZEN呼吸法による効果
☆便秘が改善しました!
☆昨年中私を襲った不正出血がなくなってきました!
☆昔からドライアイでしたが、先日眼科で「目が良い具合に潤っている」と褒められました!
☆最近2度ほど「痩せた?」と聞かれましたが、ZEN呼吸法に通ってから体重は下がっていないですし久しぶりに会った子だったのであまりピンときていませんでしたがついに、週に1度は会うスタッフから「痩せましたよね!」と言われました!!

■ZEN呼吸法レギュラーレッスンを終えて~所感~
マイブームの禅の思想と、心身を内面から健康と美。それだけでも関心が高い上に、自身の悩みまで解決してくれるかも・・・という期待。っていうか、そんな魅力的なメソッドを構築し活動されている、同世代の女性が存在すること自体に魅力を感じ、「これも何かの縁!」と思って受講いたしました。ただ単に私の知識と教養が薄いだけなのかもしれませんが、学びを得る絶好のタイミングでした。
実際にお会いした時の由紀先生は、不調を抱えた(私も含めた)生徒さんを前に元気だな~という印象。
それは当然ですが、呼吸法の啓蒙だけでなく、絡めて、震災の復興支援活動や田植えなどetc、様々な興味深い活動をされている共感を覚えました。
私も3.11東日本大震災の時は、微力ながら復興支援活動に参加し、被災地にお住まいの方々の思いに触れ沢山感じ、考える事がありますし、肥料・農薬を使わない自然栽培を実践する農業家の知人に水苗代という古式な手法を使った田植えを手伝わせていただいています。ガイヤシンフォニーでも強い思想をお持ちの方々を知り、視野が広まりました。
便利な世の中ですが、生きづらく、由紀先生の様に、自然界に感謝できる、緑のある真の豊かさを選びたい、古くからの教えを学び、現代に活かしたいという思いが以前にも増して強まっています。

また考え方も少し変わりました。
今まで体調不良の人を見かけるたびに「病院いきなよ」と勧めていましたのはやめました。身体の不調があっても、忠告をよそに全く病院へ行こうとせず、「そんな自然な生き方が好きなのです。」と言い続ける夫の両親への見方が変わり、芯の強さを覚えました。
それとは逆に、何かにつけてすぐ病院で検査を受け、薬を処方してもらうという、万が一の為の予防をしている私の両親が今は最も心配です・・・。

「本質を見る目を持ちたい」と常々意識しておりますが、ZEN呼吸法レギュラレッスンを受け、由紀先生に出会った事で、改めて物事の見方、価値観や自然への理解を深めるきっかけにもなったと感じております。
今後も、ZEN呼吸法を継続して参ります。
心身共に芯から健康になり、成果をあげていけるようにしていきたいことと、これからの人生を清く正しく楽しく過ごしていきたいと誓います。

由紀先生、そして節紀先生、みっちー先生、ともみ先生、27回生の皆さま。
良い時間を過ごせたこと、心から感謝申し上げます。 有難うございました!!
肩こりと生理痛の軽減、汗をかける体質へと
少しずつ変化しています。
R.Nさん 女性
【今まで】
冷え性、寒がり、肩こり、生理痛、敏感肌、たまに偏頭痛や低血糖でふらふら・・・いつの間にか不調が続き、慢性化していました。寝つきも悪いときがあり、寝ても寝ても疲れが取れないときもありました。肩こりがひどく、頭痛で気持ち悪くなるときは頭痛薬を飲んで過ごしていました。体質の問題だから肩こりと冷え性は当たり前、ずっと付き合っていくものだと思っていました。

【出会い】
初めてZEN呼吸の言葉を聞いたのは、2010年の秋、押切もえちゃんの帯のついた本を本屋さんで見つけました。そのときは興味を持ちつつも素通りしてしまいました。2011年仕事初めの帰り道、久しぶりの終日のパソコンに疲れ、不調&イライラ・・・「なにか始めたい!!いつもご機嫌でいたい!!」と思い、本屋さんをふらふらしていたときに、ZEN呼吸の本を思い出し、今、始めるタイミングだと感じ、購入しました。本を見ながら始め、その後、椎名先生のブログを拝見し、タイミングよく体験講座、続いてレギュラーレッスンへと参加ができました。このタイミングも縁だったのかなと今は感じています。

【講座に参加して】
最初は腹式呼吸の方法がわからず、姿勢も肩に力が入ってガチガチ、10秒で吐くのも苦しい・・・なかなかうまくいきませんでした。うまくいかないときも毎回、椎名先生の元気を分けてもらいながらレッスンを受けていました。
レギュラーレッスンに通っているうちに、少しずつではありますが、変化がありました。仕事でパソコンを終日使っていても、目が疲れなくなってきたことを感じました。また、ほとんど夏以外は汗をかけない体質だったのですが、寒い日、呼吸をした後、背中が少し汗ばんでおり、びっくりしました。

【現在】
今は、姿勢に不安が残りますが、腹式呼吸はお腹がぐるぐると動くのを感じるほど、またゆっくり息を吐けるようになりました。呼吸は1日1日上手になれる、今よりも来年、再来年、この先ずっと上手になれる、という椎名先生の言葉を信じ、毎朝精進しています。
体調は、肩こりと生理痛の軽減、汗をかける体質へと少しずつ変化しています。冷え性はまだありますが、私の最大の難関だと感じ、焦らず、腹式呼吸をしながら治していきたいです。レポートを書きながら思い出した大きな変化があります、それは低血糖が起こらなくなったこと!これからも毎日内臓と対話し、より呼吸を上手にできるようになりたいです。
自分の身体が変化し、その変化を楽しんでいる
自分がいるのが嬉しいです。
H.Nさん
体が弱い、過敏、神経質な子供で、学校にいるよりも病院にいる時間の方が長いのでは?と思うような幼少時代でした。
さらに、骨折5回、ムチウチ4回、喘息、アトピー、花粉症、各種アレルギー
病気は、大病はリウマチ熱、卵巣のう腫で摘出ぐらいですが、つねに不調、常に病気で過ごした25年間でしたが、植物療法で、ほぼ完璧に健康になったと思っていました。

確かに、数年前までは、自分の改善具合に満足をしていました。でも、突き詰めてみると、何か足りない、どこかが満足できないと思い、それが呼吸だと気がついたのは、2年前。その感覚は、なんとなく自分の中心がまだ安定していないような、不安定感として感じられていました。色々な本を買いあさり、やってみました呼吸法。ヨガもやりました。 
でも、できないではありませんか。そう、私は45年間、口呼吸、胸式呼吸で生きてきたのです。
幼少時に、アレルギー性鼻炎や蓄膿症で、鼻が通っていることがないまま大人になり、完全に身についた口呼吸、胸式呼吸を、そうそう簡単には変えることができずに悩んでいました。でも、このZEN呼吸法に出会い、シンプルなのに、パワフルな効き目に驚きました。

クラスが始まって、真面目にやり出して2週間ぐらいで、良い変化があり感激。お通じがスッキリ出るし、なんとなく体調が良いような気がしました。しかし、その後、スランプに陥り、3月~4月という花粉症の時期にぶつかったことも手伝って、1ヶ月ぐらいは我慢の時が続きました。でもそれは好転反応であると自分では確信できたので、とにかく続けようと頑張りました。

そうしたら、まるで霧が晴れるように、体調だけではなく精神状態が良くなったのには驚きました。
それまでも、精神状態は充分に安定していましたし、幸せですし、周りの人が羨んでくれるぐらい明るかったのですが、さらに、さらに、明るく(脳天気に?)幸せ感が増したのには、本当に驚きました。「こんなところまで来れるんだ。」 生まれて始めての感覚です。
これは、ZEN呼吸によって、セロトニンが安定的に出るようになったからに違いありません。
仕事やプライベートで、決して楽ではない状況になっても、ひどく落ち込むということもないのです。 ネガティブな感情は長続きせず、暗い考えが面倒くさくなってきました。以前なら、意識してネガティブをポジティブに変える作業を行っていたのに、最近では、ネガティブな自分が面倒になり、自然にポジティブに変っているという感じです。

そして、身体の変化も、起っています。
腹式呼吸によって内臓がマッサージされて、お通じの様子も変ってきました。質が変ったというか(笑)・・・・・
そして何よりも驚くのは、アルコールを飲まなくても平気になったということです。
ZEN呼吸を始める前は、アルコールが大好きで大好きで、ちょっと依存気味な感じもありました。「毎日、欠かさず飲む。」これが私のポリシーだと思っていたのに、最近は、「別に飲まなくても大丈夫」な自分がいて、週末などに、良いお酒を楽しむために飲むという飲み方に変りました。
それと共に食生活も変化し、食べ過ぎることがなくなりました。食べること、飲むことで、何かか足りない部分を満たそうとした感じがありましたが、その必要がなくなったということでしょう。

しかし、それとは別に、身体の最構築、長年のデトックスはまだまだ途中のような感じもあります。
アレルギー症状が少し多めに出たりしていましたが、それはだいぶ治まってきましたから、デトックスも進んでいるようです。

とにかく、あの手この手を尽くして健康になろうと努力し続けてきて、ほぼ完成状態にあるとさえ思っていた私が、さらにもう一段階登ることができたというZEN呼吸法は本当に、素晴らしいと思います。この変化は、体感している自分しか解らないのかもしれませんが、本当にオーバーではなく、幸せになったな~と実感できます。何かに頼ることなく、自分でいることが幸せという感じです。
今までにないぐらい、自分の身体が変化し、その変化を楽しんでいる自分がいるのが嬉しいです。そして、さらに身体に対して前向きになり、毎朝のストレッチと簡単な筋トレもはじめました。

今後の目標は、とにかく無理をして突っ走るタイプなので、もっと自分の身体と相談して、余裕ある行動を取れるようにしていきたいと思います。このままZEN呼吸法を続けていけば私は大丈夫だという安心感がありますので、この出会いを大切にして、生きていきます。

また、これほど素晴らしい呼吸法なので、もっともっと多くの人に知ってもらいたいと思います。それによって、身体が変り、心が変り、人生が変ると確信できます。この出会いに心から感謝し、さらに多くの人にこの幸せを知ってもらいたいと節に願います。

私のように、他の健康法を色々体験している人にも、ZEN呼吸法は有効かつ必要ですし、また、不調の真っ只中で、悩み苦しんで、辛い日々を送っている人にも、この呼吸法が、突破口となって人生を変えるきっかけになるはずです。
椎名先生も、何度もおっしゃっているように、本当に生まれた瞬間からあの世に召される瞬間まで、呼吸は続くものなので、その部分を改善できるということは、家造りでいえば土台がしっかり完成するという感じです。 土台なくして、家は建ちませんから。

そして、椎名先生が体系化したZEN呼吸法は、とてもシンプルだということがとても素晴らしく、誰にでもできるという点が多くの人に受け入れやすいと思います。それこそ、将来的には、ZEN呼吸法が小学校、中学校の授業の中に組み込まれても良いぐらいの価値があるものだと私は感じています。(呼吸を学校教育で習わないなんておかしい)今後、この呼吸法をもっと広めて、多くの人が幸せになってくれれば嬉しいと思います。

最後になりましたが、椎名先生、素晴らしいZEN呼吸法を体系化してくださり、また楽しくレクチャーしてくださり、本当にありがとうございました。深く深く感謝いたします。
そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
体の不調を感じたら、体からのサインだから呼吸で
メンテナンスしよう!という気持ちを持てるように。
K.Iさん
【1】身体の変化
●耳鼻科の通院をやめた
幼少期から鼻と喉が弱く(鼻炎・扁桃腺)、予防を兼ねて定期的に耳鼻科で診察&服薬していたが、呼吸法を始めてから通院を止めたところ、薬も飲まずに冬を乗り切ることが出来た。
●便秘の症状が軽くなった
十代の頃から便秘で悩んでいたが、お通じがある日が増えた&気持ちの良い便が出ることが増えた。しかし便秘解消!とまではいかないので、まだまだこれから・・・。

【2】心の変化
●自分の体へ感謝の気持ちを持つようになった
内蔵や体の仕組みについて学んだことで、自分の体が別人格のように感じられるようになり、体への感謝の気持ちがとても強くなった。一人でいても孤独じゃないような気持ち・・体と一緒に頑張って生きてるんだ!と思えるようになった。

【3】気づいたこと、出来るようになったこと
●不調をプラスに受け止められるようになった
体の不調を感じたら、体からのサインだから呼吸でメンテナンスしよう!という気持ちで、前向きに受け止めて整えることが出来るようになった。

【4】不調に悩む人に伝えたいこと
●呼吸は生まれたときから誰にでも備わっている力。苦しい時は、自分の外に解決法を求めてしまいがちだが、まずは、自分の内側にある力(呼吸)をちゃんと使ってみると必ず何かの良い変化が生まれるはず。何の道具もいらないので気持ちひとつで踏み出そう!

【5】反省点
●時々、呼吸法が面倒になってサボってしまう自分がいる(そして落ち込む)。
●呼吸法の最中に、いろいろなことを考えてしまい集中できないことが多い。

【6】今後の目標
●食を整える
バランスの悪い食生活(気持ちの浮き沈みでの食べ過ぎ、栄養が偏る)を改善したい。

【7】レッスンの感想、アドバイスなど
●初回に「レッスンは話がメインです」と言われたとき、実技が多い方がいいなぁと思ったが、レッスンを重ねるにつれて『理解する』ことの重要性を実感。単にテクニックを学ぶのではなく、自分自身で一生続けていく為の「自立へのレッスン」だった。しっかりと道案内してもらったので、あとは一歩づつ進んでいくのみ・・・とても良いレッスンでした。
生まれてから死ぬまでやり続ける呼吸。
これを変えれば、人生が変る。
H.Nさん
1.身体の変化
・便秘解消(でも、呼吸法をやらないと出ません)
・毎日必ずアルコールを飲んでいましたが、飲まなくても平気になった。
・ストレスがあると食べすぎてしまうのが、なくなった。
・骨盤が前傾で姿勢が悪かったのが、だいぶローアーコアを意識できるようになった。
・完全な口呼吸でしたが、だいぶ鼻呼吸になってきました。(朝起きても、口の中が乾いていることが極端に減った)

2.心の変化
・切り替えが早くなった。
・ネガティブな感情が長続きしない。
・落ち込まなくなった。
・さらに明るくなった。
・細かいことが気にならなくなった。

3.気づいたこと、出来るようになったこと
・とにかくよく眠るようになった。いままでは胸式呼吸&口呼吸のせいで眠りが浅かったのだということに気がつきました。(以前は睡眠が浅く、物音ですぐに起きていた)まるで、今まで不足だった睡眠を取り戻すかのように、寝ています。
・身も心も穏やかになると、以前はストレスだと感じていたことが、大したことじゃなく思えるようになるということ。
・自分は植物療法によって心身ともに健康になったと思っていたが、ここ数年、もっとなれるのではないか? 何かが足りないと感じていたことが、足りないのは呼吸だということに気がつきました。 3ヶ月でだいぶ良い感じになってきましたが、長年の悪しき習慣、体質を改善するには、もう少し必要。
・グランディングが前よりもさらに出来るようになった。
・トリートメント(仕事)の際に、さらに「無」になれるようになった。

4.不調に悩む人に伝えたいこと
・生まれてから死ぬまでやり続ける呼吸。これを変えれば、人生が変る。

5.反省点
・100%毎日できなかったこと。布団の中でやったり、仕事場でやったりする日も
あり、そういう日は大きな便りが来ませんでした。
・10分間できない日でも、3分でも5分でも良いから朝やれば良かった。

6.今後の目標
・呼吸法の後に瞑想する。合わせて20分~30分、自分のための静かな時間を作る。
・朝以外にも、呼吸法をする。
・身体作り。筋肉をつける。(衰えが気になる年齢なので^^;;)
・身体を使う仕事なので、身体の声にもっともっと耳を傾けるようにしたい。

7.レッスンの感想、アドバイスなど
・少人数でしたので、とても良い雰囲気でレッスンができました。
・身体のことなど、わかりやすく教えていただけたのは素晴らしかったです。
・これで終ってしまうのはとても淋しいですが、レッスンとしては間隔も、回数も良かったと思います。

3ヶ月間、本当に本当にありがとうございました。 詳しくはレポートで書きますが、本当にZEN呼吸法をやって良かったと思います。
椎名先生との出会いも、最高!!!! 
これからもよろしくお願いいたします。
朝、身体が軽くなり、朝と昼の2回と食べた後などに
便意が来るようになり便秘することが少なくなった
Y.Oさん
<ZEN呼吸法に出会う前>
・猫背で姿勢が悪い。
・自分の身体のことを知らない。
・内臓になんて興味がなく、知ることに抵抗を感じていた。
・急激にダイエットしたせいで生理がこなくなった。
・自分に自信が持てない。
・朝起きると体が重く気持ちよく起きられない。
・2日に一度の便通。
・緊張するとお腹が痛くなり、トイレに行きたくなる。

<ZEN呼吸法を初めてから起こった変化>
・朝起きる時体が軽い。
・姿勢を意識する様になった。
・小学校の頃から緊張するとお腹が痛くなりトイレに行きたくなることで悩んでいたが、痛くなる回数が減り、コントロールできる様になった。
・朝と昼の2回と食べた後などに便意が来るようになり便秘することが少なくなった(呼吸をしない日は便秘になった)。
・自分の意見を人に言える様になった。
・自分の身体に興味が湧き、内臓のことも知りたくなった。知ることで、自分の身体を愛でられる様になった。
・生理が来る様になった。
・自分の身体を大切に思う様になった為、食べ物に気を使うようになった。
・自分の内側に集中できる様になり、感覚や自分の心の声を大切にできる様になった。
・呼吸法のベースにもなっている禅について興味を持つ様になった。
・自然が呼吸し人間がそれを吸っていることに改めて気づき、生かされていることを意識しながら過ごせる様になった。
・呼吸法をすると横隔膜が動き内臓がマッサージされるせいか、どんなに多忙な時でも呼吸一つでリラックスでき、自分で力を緩めることができる様になった。
幸せだなぁと感じる事が多くなったせいか、
気が付くと笑っていることが多くなりました。
M.Kさん
《心を呼吸で調えよう》・・・イライラや怒りを呼吸で流そう・・・呼吸法を実践したことでの、私の心の変化。

その1.『晴れていると嬉しい』
気持ち良く晴れた朝の爽快感。 「う~ん、いい天気。今日も1日頑張ろう!」と思えるのは、今の私。
でも、以前の私は、朝目覚めたときに雨降りだと、なぜだかラッキー!と。そしてなぜか心が軽くなったものです。なんて不健康なんでしょう。
その理由は・・・仕事柄、1日が天気に大きく左右されます。雨降りだと外での活動が無く、比較的室内でまったりとした1日が過ごせるから。以前の私はいったいどれだけ疲れていたのでしょうか。仕事は好きな仕事ですし、やりがいもあります。でも、戸外で活動的な1日を過ごすことを考えただけで苦痛があったようです。
でも、今の私は以前に比べて、心身共にとても元気になりました。紫外線は嫌だけど(笑)太陽さん大好き!元気に活動しています。晴れていると主婦業もはかどるしね。

その2.『私は大丈夫』
私の仕事は、病気に感染する事が多い職場。毎年必ず“急性胃腸炎(嘔吐下痢症)”“インフルエンザ”などが大流行し、必ず感染していた私。
ところがどうでしょう・・・呼吸法を初めてからは職場で感染病が大流行しても、感染しなくなったのです。そして気持ちのどこかで「私は大丈夫」と思える自分がここにいます。そして本当に大丈夫なのです。

その3.『感謝できます』
単純に「ありがたいなぁ」と、そんな思いを抱くことが多くなりました。家族・仲間・同僚はもちろん。色々な人の存在が・言葉がありがたいのです。今までこんな気持ちを抱くこと、正直、少なかったように思います。もちろん“何かスペシャルなこと”があった時には、素直に感謝していたようには思います。でも日常においては「私が〇〇してあげてるんだから、当たり前」「私だって(私も)〇〇しているんだから当然でしょ」そんな残念な感じ方・考え方が多かったように思います。何かに追い込まれ、余裕がなかったのかな?今思うと、自分で自分を追い込んでいたような・・・辛いですよね。
でも今は、日々・些細なことでも「〇〇さんの(〇〇の)おかげで、私もこうして〇〇出来るんだから、ありがたいよね~」と感謝の気持ちを自然に抱けるようになったことが多くなったと感じています。

その4.『幸せだなぁ』
日々感謝することが多くなった私。そのせいか『幸せだなぁ』と思っている時・事が、とても多くなっています。

その5.『また笑ってる』
ありがたいなぁと感じ、幸せだなぁと感じる事が多くなったせいか、気が付くと笑っていることが多くなりました。これは息子たちに言われて気が付きました。
「へー、お母さん、そうやって笑うんだ・・・」ってね。
「えー、以前の私はどうだったの?笑うことが少なかったのかな・・・?」確かに「ふふっ」って笑う程度の笑いが多かったかも・・・。
疲れていたのかな?元気もなかっのかな?心が曇っていたのかな?今になって気が付いた、ちょっとショックな以前の自分の姿デス。

その6.『いいのいいのこれで』
一生懸命やっていても、心のどこかで不安や不満があり「こんなんでいいのかなぁ」と思うことが多くて、、、なんか達成感が味わえていなかった私。
そしていつも心のどこかで「だって、、、」と言い訳していたような気がします。
でも今は、結果がどうであれ、頑張っている自分・一生懸命やっている自分が愛おしくなってきました。
「良く頑張っているよ」「良く出来たね」って思っている私がココにいます。
そして「今度はこうしてみよう」「次はここに気を付けてみよう」って、前向きな私もココにいます。
そして周囲に対しても、そういう目を向け声を掛けられるようになっています。

最後に・・・
『呼吸法に出逢えたことに感謝&いつも刺激と気付きを与えて下さる椎名先生に感謝&心強くて温かい呼吸法仲間に感謝&理解し協力してくれた家族に感謝&行動に移した自分自身に感謝&一歩を踏み出す後押しをしてくれた亡き父に感謝』これに尽きます。
そして椎名先生と結びつけてくれたコンユさんにも感謝(笑) ありがとうございました。
「一生付き合うしかない」と思っていた病気のことを
「病気ともう一度向き合わないといけない」と
思うようになりました。
Y.Kさん
私は昔から能天気とか天真爛漫とは真逆の人間で、恵まれている自分の環境に感謝しながらも、「人生は甘くない、いつか自分は何かで大きくつまづくだろう・・・」と、思いながら生きてきました。そんなネガティブな自分の性格がパニック障害を引き寄せたと思っています。
その反面、私はそういう遺伝子を持っているから・・・というあきらめもありました。
躁鬱病や精神疾患には遺伝も多い・・という事を友人から聞いていたからでした。

私は、すでに他界している大好きだった祖母に性格が非常に似ていて、その祖母も極度の心配性、怖がり、マイナス思考の持ち主でした。
祖母の家系にはメニエール病や閉所恐怖症の人がいるので、パニックになった時も「やっぱり私は祖母系の遺伝子を受け継いでしまったんだ・・・」と、わかっていたけどショックでした。
始めは拒んでいた薬も、飲んで体調が良くなったことをきっかけに飲むことに対して何も思わなくなっていきました。「いつか止められればいい・・・」と始めは思っていたけれど、そのいつかが永遠に来ないとも考えていました。
そして、いつしか「治そう!治したい!」とも思わなくなりました。というより「絶対治らないから、一生付き合うしかない」と思うようになっていたのです。

そんな私に10年ぶりに再会した中学校の時の友人が大きなキッカケをくれました。
ファンミーティングに一緒に行ったときに、先生のブログを見るように勧めてくれたのです。
後日、ブログを拝見すると呼吸法の先生だということがわかり、なぜか「これだ!この呼吸法を習いたい!」と、自分の直感が働きました。
それまでの間、私はありとあらゆるパニック障害に関する本を読んでいました。森田療法、自立訓練法、暴露療法・・・・色々な考え方や見解はあったけれど、どれも私を心から納得させて信じたいと思わせてくれる本は一つもありませんでした。
そして、「絶対に治る!」とはどの本にも書いてありませんでした。そんな私が初めてピーンときたのが先生の本でした。

そして、実際に呼吸法を実践して先生のレッスンを受講するようになると「絶対に治らない」という考え方が「自分で調えて、自分で治さないといけない。病気ともう一度向き合わないといけない」と思うようになりました。そして何より、自分の不調を自分で乗り越えた先生が目の前にいることが、大きな励みや喜びでした。
精神科や心療内科に通っている友人も何人かいましたが、自分で乗り越えた人を見たことがなかったので、先生の存在が大きな希望になりました。

私が呼吸法に出会って変わったこと。

◆自分の身体を信じてあげられるようになった。
◆マイナスなことを考えないようにコントロールできるようになってきた。
◆明るい未来を想像できるようになった。
◆自然に触れたいと思うようになった。
◆太陽を浴びるのが好きになった。
◆妊娠できた。(呼吸法のおかげで身体の準備ができたんだと思います。)
◆薬を止めるきっかけをいただけた。
◆ずっと猫背だった姿勢を気を付けるようになった。
◆怒りっぽくなくなった。
◆カップラーメンがまずいと感じるようになった。

など、自分の内面に大きな変化を感じました。
そしてやはり、自分の力で自分の不調を乗り越えて健康を手にした先生に出会えたことが、私の人生の大きな転機になったと思っています。知識や資格を持ってるだけで、実際に苦しんでいる患者の気持ちなんかわかりもしない医者の言葉より、先生の言葉一つ一つが私の心にズシーンと響きました。衝撃でした。
本当はその衝撃をもっともっと感じていたかったので、卒業はとても寂しいのですが、今後も先生の生徒の一人として良いお手本になれるように、必ず自分で乗り越えていきたいと思っています。

いつかきっと、病気にさえ感謝できる日が来ると信じています。
短い間でしたが、本当に本当にありがとうございました。
頭痛・生理痛が激減し、気がついたら
ドラッグストアに行かなくなっています。
M.Aさん
椎名先生
数え切れないほどの大切なことを教えてくださり、ありがとうございました。
かけがえのない貴重な3ヶ月になりました。心から感謝しています。

3年かけて勇気を出し、やっと憧れの椎名先生にお会いし受講できたことは、私にとって大きな第一歩です。
なぜ、3年もかかったのかというと・・・。
いつも緊張していて、初めての場所へ行くことへの不安・人前で話すのも苦手。常にできるだけそういう場面は避けてきました。
そのため、数々の不調(パニック発作・頭痛・生理痛・不眠・心が不安定なことが多い・・・)があるにもかかわらず、ずっと参加するのをためらっていました。
そんなある時、人間関係でのトラブルがおこり、ますます気持ちが落ち込む日が増えてきました。
やはり、ネガティブオーラが出ていて、そんな人が近づいて来てしまったんですね。
『このままの私だと大切な家族や親友(いつも前向きで自分も周りも大事にする友達)に迷惑をかけてしまう!』この出来事が参加するきっかけになりました。
今でも、トラブルになっている相手の声を聞くだけで心臓がバクバクしてしまうのですが、深い呼吸でかなり落ち着くことができるようになりました。
きっと、「へっちゃら!」って笑える日もあと少し!と思えるほど前向きになっています。

ZEN呼吸法でかわったことは、他にもたくさんあります。
まず、初めのころのレッスンや自己紹介時は、あまりの緊張で足がふるえていたり、心臓の音が聞こえそうなほどだったのですが、回を重ねるごとに人前で話すことにも少しずつ慣れてきました。

体の変化としては、頭痛・生理痛が激減し気がついたらドラッグストアに行かなくなっています。パニック発作のほうも、閉鎖的な空間が苦手なため、歯科医院や美容院には頓服を服用していました。
ところが、12月に歯が欠けてしまい歯科にひと月ほど通っていたのですが、まったく頓服なしで平気でした。
それと、治療期間中は歯茎が腫れていて思うように食事が取れなくても、イライラせずに乗り切ることができたのです。

体型ですが、体重も変化なしだったのですが、最後のレッスン後に先生が「やせたね!」て褒めてくださって。
あの日、着れなくなった3年前のスーツを着てみると、するっと入ったのです。
本当に勝手にやせられるんですね。

気持ちの変化は、落ち込んだり怒ったりする時間が減ってきたこと。
これは、家族に言われてみて気づいたことです。
レッスンでお話してくださっていた「衣」も随分かわりました。
オーガニックコットンのお店、『プリスティン』さんの肌着は、本当に手に取った瞬間から心地よくて肌の一部になったようです。
以前から化繊のレースがついた肌着はかぶれていて不快な思いをしていましたので。『プリスティン』さんの製品はもちろん素敵でしたが、お店の方も清楚で可愛いくて。家具・建材・外の花壇にいたるまで天然素材が多くホッとできる落ち着く空間でした。
きっと、ひとつひとつの綿を愛着こめて大切に育て提供しているから、あたたかい空気があふれているんですね。
先生、素敵なお店を紹介してくださってありがとうございます!

そんな自然な流れで、ナプキンも後半の量が少ないときにオーガニックコットンを初挑戦。
本当にあたたかくて生理中だということを忘れてしまうくらい快適で。
次回の生理がくるのが楽しみです。
あんなに生理前にイライラしたりと、まさにブルーだったのが信じられません。

またまたその流れで、合成洗剤を全てやめました。
以前から、生協(パルシステム)を利用していて、たまに洗濯石鹸は購入していたので無理なく戻せました。
ただ、何となくではなくて、合成洗剤を使うことが怖くなったので。

私の両親は、私が幼いときから身の回りは無添加・無農薬のものを出来るだけ使用し、家庭菜園もしています。そんな安全な暮らしが、実は地味で嫌いなときもありました。その反抗心でしょうか、結婚してからは合成洗剤・きつい香りのシャンプー類、泥や虫がついていないピカピカな野菜を買うこともしばしば・・・。
今は、時々実家から野菜を送ってもらい、ありがたいなあ!と感謝しながら食べれるようになりました。

「食事」の面では大きくかわってきました。
内臓のことを詳しく分かりやすく教えていただき、自分の体を知ることによって大事に出来るようになったからですね。そのため、スーパーに行っても欲しいものがなくてほとんど買っていません。大体の買い物は、生協か自然食品を取り扱っている店ですみますね。単価は高めでも、じっくり厳選し必要なものだけを購入するようになったので、お財布にも優しくなりました。
料理にも、手間をかけることが楽しくて美味しくて。
家族からも褒められるので、いいことノートには毎回書いています。
ホームベーカリーで作っていたパンも、イーストをやめて天然酵母にしました。これは、親友が勧めてくれたので。ふっくらと出来上がったパンは、時間をかけた分、愛しくて優しい味がしますね。

今後、もっともっと元気になったらやってみたい!と思うことがでてきました。以前は、将来なんて考えれなかったのに・・・。
まず、今やってるパートは更に感謝し働きながら、もうひとつ違うお仕事にも挑戦したいです。
まだ、具体的には浮かばないですが、いいことをして深い呼吸をしていれば、自分にあった良い仕事が舞い込んでくる気がします。
もうひとつ、ペーパードライバーになってしまったので、またハンドルを握って好きな場所に好きな時に出かけてみたいです。

それと、「自分の言葉や態度が変わることによって、周りの人たちが変わってきた」
って卒業生の方々がおっしゃってるっていう言葉、私の口からも言える日が今からとっても楽しみです。
他人は変えられないけど、これからの自分を変えることはできますね。

卒業のときに、手書きで書いてくださった愛情がたっぷり詰まったメッセージカード、温かい言葉に何度読んでもじんわり涙がでます。
大切な大切な宝物になりました。
「M さん・ちゃん」って呼んでくださったことも、周りからはなかなか呼ばれなくなっていたのでうれしかったです。

また、ZEN呼吸法に参加できたおかげで、素敵な22回生の方たちにもめぐり逢えました。大切なご縁ですね。
深い呼吸と正しい姿勢で、ますます素敵な出会いがありそうで!
毎日を大切に、そして周りの人にも感謝しながら前に進めそうです。

椎名先生、これからが楽しみになりました。ありがとうございます。
1週間の生理の間に、多い時で計48錠飲んでいた
痛み止めの薬も1錠に減りました。
K.Kさん
ZEN呼吸をラジオで知ったほぼ1ヵ月後の体験講座。配布された資料に目を通した時、私は愕然としました。「全部当てはまる!『ストレスが体に出やすい性格的な特徴』って…。」嫌いだと思っている自分の性格を指摘された気分になりながらも、椎名先生の元気で楽しく解りやすいレッスンに、前向きな気持ちにさせてもらったことを思い出します。

私は小学生の時から、なぜか生まれる不安な気持ちをきっかけに、お腹をこわしたり、気分が悪くなったり、食事が喉を通らなくなってしまう子供でした。小5の時に初潮を迎え、小6からはひどい生理痛も始まりました。
そして私は、ネタにされるくらい、すぐに怒る人でした。
当然、怒る前にはイライラし、怒りを通り越すと狂ったように泣く。それらが度を越すと「落ち込み」もプラスされました。これらの感情のはけ口が見つからず、母親にはこれでもか、というくらい当たり散らしました。
そんな日々が20代(現在33歳)もずっと続いていたある時、「一番身近にいる人を幸せにできずに、周りの人を幸せにしようなんてできる訳がない。自分が変わらなければ何も変わらない。」分かってはいながらも、毎月必ずやってくる生理痛への不安、仕事の悩み、気分の落ち込みを取り払うことができませんでした。

ある日、私はテレビの音に疲れるようになりました。それがきっかけでラジオ生活が始まり、毎日のように聴いていた番組に椎名先生が出演されていたのです。
ラジオから聴こえる声に、「底抜けに明るい人だなぁ。会ってみたいな。」と思いながらZEN呼吸法の説明を聴いていました。
「起きている時に口で呼吸している人は、寝ている時も口で呼吸をしてしまいます。」
自分に当てはまる話だったので、これは実践してみよう!と、半日口呼吸を我慢し、その日の仕事帰りに早速《呼吸美メソッド》を購入しました。
翌朝、「あれ?喉が痛くない!疲れが取れてる!!」
これには本当に驚きました。それまでは、「私、冬は寝ている間に喉が痛くなる人。疲れが取れないのは、寝つきが悪いから。」と、当然のように思っていました。それが一晩でこんなになるなんて…本気でZEN呼吸法をやってみよう!
これが、ZEN呼吸法を始めるきっかけとなりました。

自分なりの呼吸で2週間、体にはプラスの変化がたくさん起こりました。
そして、冒頭に書いた体験講座。これをきっかけに「いつかレギュラーレッスンを受けたいなぁ。」と思い始め、20回生募集のタイミングで「仕事が来ても、レギュラーレッスンを優先しよう!」と、フリーランスで仕事をしている私は覚悟を決め、申し込みました。

今、私は前を向いて生きています。
1週間の生理の間に、多い時で計48錠飲んでいた痛み止めの薬も1錠に減りました。
365日「いつ今の仕事を辞めようか…。」とばかり考えていた自分が、笑顔で元気に仕事をしています。
嫌いだと思っていた自分の性格が、自分の「長所」だと思えるようになり、受け入れることができるようになりました。
今でも母親に当たってしまうこともあるけれど、数はグンと減りました。他にも、書ききれない程たくさんの変化がありました。

霧がかっていた明日に光が差し込み、「希望」が生まれました。生きていることを感じ、感謝し、向き合うことができています。
まだまだ未熟な私ではありますが、レギュラーレッスンでの成長を励みに、これからも精進していきたいです。

最後になりましたが、呼吸の素晴らしさ・自らの力に気付かせてくださった椎名先生に、改めて心より感謝申し上げます。

【本を読んで自分で始めて、すぐに変わったこと】
☆寝つきが良くなった
☆寝起きの喉の痛みが無くなった

【2週間後】
☆姿勢が良くなった
☆肌がツヤツヤピカピカに
☆声が大きくなった
☆昼間に頭がボーっとしなくなった

【半年後】
☆毎日、便が出るようになる
☆食べても太らなくなった
☆悪い姿勢が疲れるようになってきた
☆気持ちが前向きになってきた

【8ヵ月半後】
☆クヨクヨ悩む時間が減った
☆男の人を意識するようになった(これが自分でもフシギ!)
☆物欲が減った
☆家族に優しくできるようになった
☆演奏中の緊張が減った
☆オペラの演奏をした時に、「自分とは血の違う人が作ったものを再現している」ということを肌で感じた

【1年後、レギュラーレッスン通い初め】
☆自宅の床に寝そべっていたら、祖先を意識した。祖先がいて私がいる、ふと思った
☆お金が「紙切れ」に見えた。それまで見ていた「お金」が『お金の価値を持った紙』だと確認した

【呼吸を始めて1年5か月後の現在】
☆笑顔でいる時間が多くなった
☆落ち込むこともあるけれど、確実に立ち直れるという希望を持てるようになった
☆自分の好きになれなかった部分を受け入れ、自分らしく無理せず過ごせるようになった
☆歳を重ねることを楽しんでいる自分がいる
☆感謝することがすごく増えた
☆音楽と正面から向き合えるようになった
☆演奏中の緊張・日常の緊張が劇的に減った

ありすぎて書ききれません(T_T)
感謝しきれません(T_T)

日々体調や感情に波はありますが、確実に生理痛は軽減しています(*^。^*)
生きる上で恐怖だった生理痛、過去の思いを投げ飛ばし、間違いなく前を向いて歩いている自分がいます。

メールアドレス(必須)

support@zenkokyu.comからのメールが受信できるように設定した後にメールアドレスを入力して下さい。
ご登録されたアドレスへ案内メールをお送り致します。